こころTALKING

元共依存バタードウーマン・DVの最前線現場で妻業18年。現場のキツさにとうとう引退して数年。今はここでしぶとく生きて、忘れられないDVの事を書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

流れ続けていく水は

今年は
かなりゆるゆるモードで過ごしております。
ゆるゆる・・・つまりは自然体。

ここ数年
いや、ひょっとしたらもうずっと昔から
色んな課題を否認しまくっていた若い若い頃から
私は常に強くて大きい何かをわざわざ克服することで
生きている実感を手に入れていたように思えます。

私は依存症体質ですが(苦笑)
同時に「切っても切っても自傷が出てくる」
金太郎飴ならぬ自傷太郎飴でして
必ず何かしら自分を傷つけることで
それを担保にしたり
引き換えにしてエネルギー自体を生産して
自分という人間の生産行動を回し続けることに躍起になります。
まるで、傷つくことへの挑戦のために生きている。
自ら傷つく状況に自分を置いて
私はここに生きているんですよと狼煙を上げ
旗を揚げ
看板を掲げてそうして生きてきたわけです。
その看板には「DV被害者」と書いてあったり
「アダルトチルドレン」と書いてあったり
「どうせ私は」と書いてあったり
「食べることと罪悪感」と書いてあったりします。

今年はその見直し期間といいますか・・・

つまりは
もう面倒くさくなっちゃったんです。
余計な労力を割くのが。
ストレートでいいじゃないかと。
シンプルに。単純に。

そんなわけで今年の目標は
「自然な流れにゆだねる」ことです。
自然ですから当然思わぬ変化も起きるわけで
それに対しても
今までとは違う選択をあえてする・という試みをしています。

ゆだねる。
これって意外と大変なのですよ。
特に
気の抜けない空間の中で生きてきていて
その中で常に自分を安全に保つために
場のコントロールに嗜癖してきた者にとっては
変化は災厄に等しい事件であり
変化は恐ろしい事柄が始まる合図であり
ゆえに
危険な場所からもう離れていたとしても
トラウマ反応として
阻止することに全力を注ぎたくなるわけです。

なぜなら
コントロールを手放すことは
それに巻き込まれて自分が傷つき
打ちのめされてやられっぱなしになるのではないかと思うからです。
そこにあるのは大きな恐怖です。
力を失えば
力を発揮できなければ
やりぬかなければ生き抜けないと身構えることが
学習されてきているからです。
コントロールを失うことに怯えるがあまり
無力になることを恐れるがあまり
パワーとコントロールに対してしがみつくという嗜癖行動です。

困ったことに
自分にとって益ある変化であっても
同じように反応してしまうことがあるわけです。
「余計な労力」を使って
自傷金太郎飴をいつまでも「切る」羽目になっていたりします。

私はかつて
ファイティングポーズで対応していたり
忙しく立ち回ったり
何もできないそぶりを決め込んだり
ただじっと、強い感情が渦巻く中をやり過ごすことで
嵐が過ぎ去るのを待っていたわけですから(笑)
それはそれで
その当時は画期的で非常に役に立ったスキルでした。
(そして、もちろん
今でも必要に応じてそのスキルは小出しして使用します)

自分の中にあるモンスター性
コントロール欲求を手放して「ゆだねる」こと
変わりつつある「まっただ中」に自分を「ポン」と置くことは
意外とエネルギーを必要とします。
逆に言えば
エネルギーがキープできていなければ試みることはできないでしょう。
今はそれが楽しく
今まで見たことがない風景が目の前に広がるような
そんな感慨深い思いを味わえたりします。

変化に対して過剰に反応せずに、ただ、ゆだねること。
決してそれは
翻弄される無力な一枚の葉としてではなく

自然な流れに身をゆだねる面白さを味わうこと。

川の流れに流されている木の葉のように
まだ
この『旅』の全行程は見えないのですが 。
胸には
根拠のない自信と安心感を抱きしめています。

不安は「あって当然のもの」
だからこそ
不安も一緒に手をつないで
今年はゆるゆる、川下りです。

そういえば
高校生の頃にこんな詩を書きました。

「流れつづけていく水はいつか大きな海を見る」
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

もう一度、懐かしい場所へ旅をする

先日、長野県岡谷市へ
講演会に呼ばれて行ってまいりました。

「岡谷市」という地名を聞いた時から
どこか聞き覚えがある名前だとは思っていたのです。
行く直前になって地図で位置を確認したところ

あらららら。とつぶやいていました。

だってそこは行ったことがある場所だったんです。
正確に言うと「走り抜けた場所」ですが。

結婚していた頃の私の考え方ですが
「この場から離れたい」という自分の欲求を
ちゃんと正確に読み取ることができず
「死んでしまいたい」「消えてしまいたい」と捉えておりました。
なので、よくプチ家出を繰り返しては家に戻る事を繰り返していたのですが
大がかりな逃亡をしたことが2回ありました。

それが丁度5年前で
岡谷市はその時に走り抜けた場所だったのでした。
山梨県を抜けて長野県へ。
韮崎・富士見・茅野
そして諏訪市に入り
岡谷市に差し掛かったのです。
私の左手に海のようにも見える諏訪湖が
キラキラと湖面を輝かせて広がっていました。
あの、瞳を刺激する湖面の光の輝きや色合いを
あれから5年経った今も楽々と思い返せてしまうくらい
私にとって忘れられない思い出の光景です。

そのきらめきを見ているうちに
5年前の私は
どうせなら海が見たいと思ったのでした。
この世で見る物の最後として
海に沈む夕日が見たくてたまらなくなったのです。
行くあてのない死ぬための逃避行だった私に、目的が沸き起こった瞬間でした。
それは
たとえ、最後に見たいという目的であったとしても
「海と太陽が見たい」という思いで走っていった結果
私は命を長らえることができたのですから
ある意味、私の重要なターニングポイントだったようにも思えてなりません。

「生」の方へ舵を切った、最初のポイントは
諏訪湖のほとりだったかもしれません。


そして
岡谷市を抜けた私は
塩尻・松本・安曇野と進み、白馬のメインルートに乗り
姫川渓谷を下り
日本海に着いたのでした。

死ぬつもりで疾走していた私が走り抜けた場所へ
生き延びて
傷つくという事や
傷つけるという事に関する話を伝えに来ることになっているとは
5年前の私は露程にも思わなかったに違いありません。

「今の私」はそっとつぶやきたくなりました。
あのね
大丈夫なんだよ。
そんなにひとりで抱え込んで
まっしぐらに
自分だけで終わらせようと思い詰めなくても。


会場となった諏訪湖ハイツは
文字通り、諏訪湖のほとりの施設で
「うーん、因果だなあ~」とひとりごちながら
開催前、コーヒーを戴きました。
もう一度、こんな形で此処へ呼ばれるなんて。


本当にね
たとえどんな袋小路に思える「今ここ」であっても
ちゃんと出口はどこかに用意されていて
その出口は
大変だけれどキラキラ光る世界につながっている。


そんなことをふと考えさせられた
感慨深い「旅」でした。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

羽化の過程で。

12月は不安定でフラフラでした。
自分の足の裏が感じられず
踏みしめている大地を感じられず
不安でたまらず
始まった寒い冬を乗り切っていけるのかと
根拠のない不安に襲われたりもしました。

1月は、より一層不安定でした。
ぬかるみに足をとられたようでもあり
どんどんどこかに流されていくようでもありました。
ただ、この「流されていく自然な流れ」に
あらがわない事だけに集中していました。
自分にとって心地よいものかどうか
自分に正直であるかどうかに
心を研ぎ澄ましました。
AAの12ステップの「無力」であることに集中しながら
多くの回復の途上者たちが
このステップを不安ながらも歩み去っていることに思いを馳せ
尊敬の念を苗床に
歴史的な証拠と「ゆだねる」という身体の感覚を
不安ながらも信じようとしました。

私の中で警鐘を鳴らす「不安症」という看板は
私を守ろうとするがあまり
いつも根拠なき恐怖を社会のあちこちに出現させてきました。
今回、私は「それ」に「よしよし」と言い
なだめ、
「けれどもこれは今までと違った方法を試す機会であり
もしも失敗したとしても
私はそれから多くのことを学ぶことができるのだから」と
呪いの代わりに新しい言葉を唱えました。


2月は。
ひとつひとつ、愚直ながらもこなしていく中で
少しずつなのですが
この新しい方法によって私が変化していることを感じています。
今の私を表現する言葉をまだ私は知らないでいます。
変化し続けている途上の私は
まだ何者でもなく
自らを語る言葉を知りません。
でも、不安が取り除かれ、すがすがしく気持ちよいのです。
たとえこれが一瞬でも
このすがすがしさは
不安と格闘する私にとっては大切な感覚を得たことになります。

いつも思うのです。

何もかもがうまく運んで喜びに包まれている時よりも
不安と格闘し
どうなっていくか分からないまま
じっと耐え
今やるべきことだけを繰り返している時こそ
後になり
そこから多くのものを戴いていることを。
「悩みは恵み」という恩師の言葉を思い起こし
もうしばらくは
一生に二度とない変化の只中を感じていようと思います。

いつか懐かしくふりかえる時
この長きに思えた時間も、きっと一瞬で
画布に描かれた一筆の陰影なのでしょう。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋の休暇

ひょっとしたら今年最後の更新かもしれません。
気忙しいながらも身体と心を気遣いながら
この一か月を過ごしていました。

みなさんは
どのようにこの寒くなる季節を過ごしていましたか?

秋口から初冬にかけて
なんとなく気持ちが沈みがちになったり
朝スッキリと目覚めにくくなったり
やる気が起きなくて物事が進まなくなったりします。
夏の疲れが身体に出るのもこの時期だと言われます。
身体にサインを出すタイプの方はこの時期に調子を崩しやすくなります。
季節性情動障害と呼ばれるこれらの症状は
冬期うつとも呼ばれます。
日照時間が少なくなり
太陽の日差しを浴びる時間が少なくなることが影響していると言われます。

人間も動物と一緒
植物と一緒なのだと思わされます。
私たちも自然の一部なんですね。

この障害が起きる時期に
たとえば
苦しみや痛みを伴う人生の大きな節目がある場合は
特に
トラウマ反応として大きな落ち込みが見られる場合もあります。

そういう私もその一人です。

この時期に父親を亡くしていますし
その父親の葬儀に参列する事が叶わず
お別れの儀式を親族と共有する機会を失っています。
また
夫との離婚協議が進まず
子どもを引き取る算段が付かず
未来の見通しが立たない中で悶々と過ごしていた時期でもありました。
本当にね、苦しかったのですよ、この時期は。
もう二度と子どもらに会う事などないかもしれないという
嫌な想像にふけりましたし
ちっとも進まない話し合いに嫌気がさして
だいぶイジケていました。
そんな時に目にした落葉松の金色の林の色を今も覚えています。
夜に浮かぶ金色のとがった葉が路上に一面に落ちて
心が寒々としました。
寒い心がある意味心地よく
この耐えるしかない時期を一種の自傷的に感じていたのかもしれません。

やっぱりこの時期は体調を崩しやすいのです。
以前はひどいぎっくり腰になり
回復に一か月を要しました。

今年は「この2か月はダラダラ過ごそう」と決め
(え?とてもそういう風には見えないと仲間からツッコミが入りそうですけど)
誰かに迷惑がかかることを優先して行い
最終的に自分が責任を取る必要がある事を後回しにしました。

・・・・なので
大学のレポートを出し終わったのがおとといです(笑)
間に合ったからいいのです。
今年の私はかなり色んな方面で手を抜きました。
手を抜いて
怠けることを許してみました。
心にも体にも無理をしない。
特に今の時期はね。

ようやく雪が降りました。
寒さが本番になりました。
ここまでくると覚悟が決まります。
もう始まっちゃったんだからしょうがない。
ある意味、底つきに似ていますね。
しょうがない。
あきらめがつくと苦しさを手放せるように思えます。


あとは
あたたかくなる日を待つだけです。

来年の今頃って何をしているんだろうねと
最近
仲間と話をしました。

ゆっくりだけれど、じっくりと
少しだけれど確実に進んでいく力。
冬を越えていくのは
そんな地道な力かもしれないですね。
冬眠するのも
春に向けて充電するための力かもしれません。

608.jpg


さて
12月は恐ろしく忙しい日々を過ごすことになっています。
自分のスケジュール表をながめると
ホントにこれをクリアーできるの?と思ったりします。
ちょっとワクワクです。
なので
あと2週間はおとなしく?
この後にやってくる
忙しく面白く色んな人と出会う旅に思いを寄せながら
もう少し休むことにします。


未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いつもempty。でも、それが自然なことならば。

8月と9月
2か月に渡った長い研修が終わり
実はかなり疲れました。
終わった途端に脳裏をよぎったのは
「どこかに行きたーい!」「温泉に浸かりたーい!」でした。

それでも
まずは心身の疲れを具体的に癒すことが先決だったので
仕事をこなしながら
睡眠を長めにとったり
何もしない日を作ったりして過ごしていました。

その時
実に良いタイミングで仲間たちが出かけるきっかけを作ってくれたので
彼女たちが開催する研修会を起爆剤にさせていただき
週末に1泊2日で根釧地方を爆走してまいりました。

いや~遠かった!
でも、同じルートを2年前に走っているので
懐かしく
ほぼ同じ道のりを走ってまいりました。
私は別に名所など見なくても
ただただ何にもない場所を走り抜けるだけで満足する妙な趣味があるので
今回も満喫してまいりました。
人間よりも自然って奴の方が優位な
なんにもない場所には
私の充電器があるような気がして
そこに一時でも身を置こうとするわけです。
セルフケアですね。

私は
私という人間の手足や考えや時間を
自分の手足や考えや時間に置き換えて、使っていた夫に
搾取されてきた失われた時間を取り戻そうと
これまで随分と急ぎ足で
多忙に過剰に動いてきました。
それは
これまで自分のために時間や労力を費やしてこなかった私の
強迫的なゆり戻しのようだし
喜びでもありました。
自分で自分の人生を選べるってこんなに素晴らしいことなのかって思いました。
もちろん
この忙しい5年の間に得たことは私の益になりました。
けれども
それは同時に
私の中にぽっかりと空いている底知れない寂しさの混沌
否応なしに気付かされるという5年でもありました。
初めは見たくなかったその混沌を
最近は見ることができるようになってきています。

なんとか復活したような気がしているけれど
それは単に、動ける分だけ通電しているだけかもしれません。
もちろん、それでも動けるけれど
どこか芯の方で乾いているようにも思えます。

いつもemptyである事に、ふと気づきました。

empty・・・この空っぽの中に
手当たり次第、無性に
無暗に闇雲に
物質や
動き続けることや
関係性の依存をブチ込んで
投げ込んで
空っぽを満たしてきた気がします。
底が抜けたままの容れ物の中へ。

共依存は回復しますか?という質問をされたことがあります。
依存しているものから離れる事が出来たなら
それは回復の一歩と言えますね、と答えたと記憶しています。
しかし、そうは言えども
何にも寄る辺なくしっかりと一人で自立するなんざ
ワタシには無理ってなもんです。
どこにも触らないで立ち上がることは難しいでしょう。
座り続けることもできないでしょう。
必ず何かに依存して
生きている事の方がむしろ自然に思えます。
できるならば
自分が傷つかず、見失うことなく、支障ない程度に
何かに依存する自分を許すだけです。
そうして今日も
息を吸って、吐いて
吸って、吐いて
生きているのだから。
mini_120930_1512.jpg



何にもない場所で充電したenergyで
秋からの活動に備えます。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。