こころTALKING

元共依存バタードウーマン・DVの最前線現場で妻業18年。現場のキツさにとうとう引退して数年。今はここでしぶとく生きて、忘れられないDVの事を書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

夜のフラッシュバック

私は悪夢という形でよくフラッシュバックを起こします。
昼間は…あまりないかもしれないな。

それでも
元夫がよく着ていたパーカーと同じ色のを
着て歩いてる男性など見かけると
心臓を素手でわしづかみにされたような衝撃に襲われる事はあります。

一番おどろいた出来事は

私が一番死に近かった時に見た建物と
雰囲気が少し似ている建物が
生活してる地域から少し離れた場所にあって
3年前
夜中、運転しての帰り道にそれを見た時に
頭んなかでドラが鳴り響いて凍りつきました。
ジャア~~~ン!!!って感じですね。

その後、何回見てもこんな衝撃はありませんから
何かきっかけやタイミングだったのでしょう。

だけど、この時だけは、一瞬
ここに生きてる現実感がこなごなに吹っ飛びました。
運転中に見当識障害起こして
現在と過去の記憶が混濁して
前に進めなくなった私は危険を回避するために車を停止させて
落ち着くのを待つしかありませんでした。

過去の感覚がなだれこむと
本当に自分を見失います。
日中にフラッシュバックが頻繁に起きている方々の
日常生活の困難さや生きにくさを慮ると
ひとくちでは言い表せないだろうな…と思います。ホントに。


しかし
夜の悪夢もなかなか手ごわいです。
きっかけを避ける事が出来ないってことではどちらも同じだけど。
寝てる時の出来事だから
いつ起きるか、起きないかどうかなんて賭けのようなもの。


一番最近の悪夢は
恐怖感よりも緊張感がとても苦痛な夢でした。

ホテルで受付をしている私の背後で
元夫が
腕組み・仁王立ちで私を睨みつけているのですよ。
フロントで少々時間がかかっていて
なにやら手違いがあったらしく待たされていて…
背後の彼がイライラしはじめているのを肌で感じていました。
ピリピリしている空気を背中に受けながら
私は必死でフロントと交渉しているのです。


・・・・現実でもよくあった出来事でした。
なにしろ
彼は「待たされること」が大嫌いで
ほんのちょっとした旅行中のトラブルが
ホテルのオーナーまで引っ張り出しての大騒動になるのはいつものことで
実に実に楽しくないストレス旅行の思い出でもあります。



フラッシュバックの大変さは
起きている「まさに嵐の中にいるその時」もそうですが
その後に
「今の自分」に戻す作業をする時でしょうか。



目だけ覚めてはいるものの
まだ夢を脳で反芻しているような混濁した意識の中で
必死にここはどこだ?と考えています。
鉛のような身体が床に沈み込んでいて動きません。
心臓がバクバクと波打っていて
全力疾走した後の様に息切れがしていて。
夢から覚めた後の身体の重さといったら
…まるで生きていない身体のようです。


夢のできごとなのに
床や足の裏の感触とか残っている気味の悪さ。
指や手で感じた肌触りとかね
何かを言った時の
喉が
声帯がふるえた感じ
口の中で声が響いた感触
口が動いた感覚
それが起きてからも体にいつまでも残っている時があります。
気持ち悪いもんです。
本当に現実で自分で行動したみたいで…夢なのに。

この混乱をおさめるのに一苦労なんです。

現実の私を
もう誰も攻撃しないし
支配もしないのですが

後遺症というものは
どんなに年数を経ても
回数は減っても
カウンセリングを受けていても
やはり完全にはなくならないもんです。
きっと
ずっとお付き合いだと最近は思っています。

「いっやー
ひっさびさのご登場だったわね~。
今はあんな
緊張感マックスの家族旅行しなくていいから
ほんっとに気が楽だわ~~~」


夜中に大きな独り言をつぶやいて
ゴクゴクと水を飲み干して布団にもぐりこみます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんでもないつぶやき

こないだの週末に札幌へ
DV講座に出かけてきて
充実感と
うろこがいっぱい落ちた目が疲れ(笑)
なんとなく
いっぱいいっぱいな気もする今週です。

ここで書いても伝わらないかもしれませんが
あの日
会場でお会いできた方々
嬉しかったです。
こんなにたくさんの人たちが学びたい・知りたい気持ちで集っているんだな~と
力強く
心強く思ったのでした。

あと2回。
がんばって通います♪
地続きであんな濃い内容の研修を受講できる機会は
滅多にありません。

私も自分とこで作ってる資料を
まだまだ整理しきれてないなーとか
もう一度見直す必要があるわーとか
そんなことを感じた週末でした。

・・・・・恥ずかしい話ですが筋肉痛です。
金土日と
ターミナル~ホテル~会場…と歩いたらコレです。
普段どんだけ歩いてないかってことですよね。
日頃の生活習慣に反省^^;

今日、5月19日はトークの日です。
無料・匿名可・予約なしOK。
今回は遅い時間まで、16時から21時まで電話を受け付けます。
番号は
080-6084-1919へ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

DVチェックリストから支配について考えてみる②心編その2『交友関係』

しばらくぶりの「チェックリスト」です。
・・・・ちょっと据え置きしていました(笑)

自分で作っておいてアレなんですが
見直していたのです。

今回トピックにあげるのは心編の②「交友関係による支配」です。



心・精神的なことに対する暴力(ダメージ)
もしくは精神的なダメージが原因でなっている状態

「交友関係を利用した支配」


□彼は私の交友関係やメール、電話等をチェックして行動を細かく監視する。
□彼は、自分が家にいる時に私が外出するのを嫌がる。
□彼と知り合う前よりも、私の交友関係や活動がせばまっている。
□私自身の実家・郷里に関する行事等には参加していない。
 (または、参加することを止められている)
□彼は私が大切にしている物や、信条、実家の出自を否定したり馬鹿にする。
□彼は、私の両親・きょうだい・親戚を極端に嫌い、私にも嫌うようにしむける。
□彼と一緒になってから、彼の行動や言動がきっかけで
 私は自分の親戚や実家から断絶・孤立・疎遠な状態になっている。
□家の中で起きている出来事は、誰にも話してはいけない秘密である。
□出かけたり、子どもや友人と約束したり、楽しい計画をたてると
 前日・当日に最悪な出来事が起きる。(予約キャンセルも含む)
□彼は、友人や周囲の人に夫婦喧嘩や私の至らなさについて
 誇張して話すので私の気持ちは理解されずに孤立している。




・・・・・このリストに含まれる出来事は
日記にもちらほら書いてましたね。

秘密を守れの呪縛
あとは
7回忌の秋が来る

けっこうあとあとまで引きずる出来事です。
特に
父の葬儀に出なかった出来事は
ようやく最近、向き合うことができた私の「喪失」です。
血がつながっている人とお別れをして
みなで悼むことを「できなかった」という喪失です。


実家や郷里と断絶してしまうデメリットは
いざというときに「実家にたよろう」「伯母にたよろう」と思えずに
はじめから頼る選択肢としてこれらが意識にのぼらずに
追いつめられてしまうという点が大きく影響を及ぼすと思われます。

交友関係の支配は
少しずつ進行していき
やがて
気がつくと自分のまわりには彼の手がおよんでいる人間しか
いなくなってしまっていることがあります。

この支配の厄介な点は
彼がせばめるのではなく
あなたが決めて関係を切るように徐々に仕向けられるという構図です。
あくまでも
あなた自身が切る行動を取ることを取る事が
彼自身の達成感であったり
支配感の充実であるために
そのように仕向けられる可能性は高くなります。
いざとなったら彼はこんな風に言うかもしれません。
「お前が自分で選んだことだろう?」

彼は責任回避が非常に巧いのです。

あなた自身が
あなたの意見の様に相手に告げることで
あなたはもう、その人と連絡を取ったり相談することが難しくなってしまうのです。



私はよく彼から
「山田の百姓!」とののしられていました。
北海道の田舎の出なので「百姓」という…まあ、なんとも言えないボキャブラリーですが
蔑まれた言い方でののしられていました。
彼は怒りだすと
気味が悪い猫なで声で
こんな風にはじまります。

「山田さん?ちょっと来ていただけませんか?」


それは恐ろしい合図でした。
私は身震いしました。心臓がきしみました。
「山田」という旧姓を呼ばれる時は
そのあとに恐ろしい出来事が待っていることを
経験で知っていたからです。

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

7回忌の秋が来る

母と話していて気がついた。

今年の秋は
父の7回忌なのでした。

そうか
もう亡くなって丸6年になるんだな~と
月日の流れを実感します。

前の法事
3回忌の年は
私が夫の元から実家へと出てきた年でした。

私は
婚家を出る時に
子どもを置いて出てくる事を選択したので
父の三回忌の時は
まだ
子どもらが手元にいない秋でした。


・・・・・とても不安な秋でした。
離婚の為の弁護士間協議は
一進一退
いつこれが良い方向に進んでくれるのかも
見通しがたたない秋でした。


そう。

実は
私は父の葬儀には参列していないのです。

参列する事を
夫と義母は当然のように「まさか行くつもりじゃないよね?えりちゃん。」と言い
「婚家」の決定事項にさからうことが
どれだけの
暴力に満ちた闘いを耐え抜かねばならないか
さらに
夫とともに葬儀に行くようなこととなれば
親戚がいる前で夫がどんな無理難題を言いだし

私はそれを実現させるために
夫の良き手足となって
言いたくないことも言い
したくないこともしなければならない・・・・・・それが嫌だったのでした。

それを避けるために
危篤の父に会うどころか
葬儀にも参列せず


・・・・・葬儀のような家族イベントに参加できないことも
DVであるとはじめて聞かされたのは
婚家を出て
DVの届け出をしに行った警察署でのことでした。
はじめは「ぽかん・・・?」だったのですが
後になり
他の方から

自分の血筋である親族の輪から断絶させるようなことを
意図的に強要されることは暴力だよ、と言われたときにハッとしました。

たしかに
葬儀に行かなかったことで
私は
もう自分がどんなに困っても誰にも頼れないのだな、と
自然に
誰かに助けを求める時のリストから
自分の血につながる親族を除外してしまっていました。

ああ
こんな風に追い詰められるのだな。

家を出なければ
実感することのなかったDVの形でした。


今年は
子どもらもまじえて7回忌。
派手にはしませんが
しんみりと。

父が生きていたなら
孫たちにどんな言葉をかけただろうか?と思いつつ。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

泣きの壺

ずっと感情鈍磨と乖離に生きづらさを感じてた私ですが
1年ほど前から
このスキルを使わなくても生活できるようになりました。

感情を麻痺させるのは
マックスの状況を生き抜くためには必要なスキルですが
日常が安定した今は
引き出しにしまっておいてもいい技術です(笑)
(なくすんじゃなくって「しまっておく」
だって、必要な時もあるしね?)


DVのせいで私はこんなになってしまったのよ!って4年前は怒ってたけど
どうも乖離は20数年モノだったってことが
自分がいじめられっ子だった時の事を
やっと振り返る事ができてから

その事に気がつけて。

学校と言う「協調性の仲間社会」でつまはじきに遭う事って
感情を麻痺させなくっちゃ
通い続けられなかったよなあ。


って
前置き長いですが(笑)
何が書きたかったって
「ちょっとウルウル」がまともにできてるってことでしょうか。

昨日も
子どもらと出かけた「ドラえもん・鉄人兵団」を見て
お約束の
仲間とのお別れシーンでウルッときた41歳ワタシ(苦笑)

さっきまでは
フィギュアスケートの放送を見て
安藤美姫選手のフリースケーティングの演技を見て
またウルウルしてるし(苦笑)

グリーグピアノ協奏曲第一番はもとから好きですが
今年の安藤選手の、このプログラムは
選手権で放送を見るたびに
後半の4つのジャンプを次々にクリアーしていく姿を見ながら
いつもウルウルした私でした。

去年は鈴木明子選手を見ながら泣いてましたね~~~~
最高のマリア「ウエストサイドストーリー」


なにかを越えようとしている姿や
のりこえた次のステップで輝いてる方をみると
無性に泣けてくるようです。
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。