こころTALKING

元共依存バタードウーマン・DVの最前線現場で妻業18年。現場のキツさにとうとう引退して数年。今はここでしぶとく生きて、忘れられないDVの事を書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

身体を大事にすること

明日が通信大学の秋試験だというのに
ブログを更新している私でございます
はっはっは・・・・・・ (どうしましょうよ?テスト・・・

実は
月曜日からぎっくり腰になりまして
悲惨な数日を過ごしていました。
今日はなんとか動けましたが
身体を動かせる幸せというものを改めて実感した数日間でした。

別に
何をしたわけでもなかったのです。
重いものを持ったわけでもなし
作業をしたわけでもなし
しいて言えば、疲れがたまった&冷やしたってことでしょうか。

ただですねェ。
私は腰に少々爆弾を抱えておりました。
腰というか臀部というか。

我が家で起きていたDVは身体への直接的な暴力がともなっていましたので
私は否応なしに
ドカーンボコーンが起きるたびに
あらぬ方向にすっ飛ばされたり転がったりをしてきたわけです。
ただし
すっ飛ばされたことで大けがをして病院送りになった経験はありませんし
別居時に総合病院で体中検査をしまして「後遺症なし」の診断を受けております。

あくまで
目に見える後遺症・診断できる後遺症ナシということです。

しかし
別居当時の私は正座できないほどの身体の痛みを抱えていたので
この診断は大いに不満で不安でした。
原因不明と言われたってねぇ。
じゃあ、この痛みの現実はどうすりゃいいんだい?って感じ。
そんな現代医学では解明できなかったことを解決してくれたのは東洋医学で
それ以来、私はそこに定期的に通って身体のケアをし続けています。

そこでは
腰と臀部に今でも残る後遺症が認められています。
「がっつりやられたなァ~」と言われていました。
今回、やっちゃった箇所は以前から指摘されていたとこでありました。

今回のぎっくり腰・・・・まったく関係ないわけではおそらくないんだろうなァーと思うと

病院送りになったわけではない私でさえ
身体にはちゃんと刻印されていることを慮るのですよ。
だったら、病院に入院するほどに、ぼこぼこにされた人は
目に見える怪我が治ったとしても
どれだけの見えない傷を、ずっと抱えて生きているんだろうってね。

後になって
ほんのちょっとしたことで
思わぬ病気を拾うことがあるのですよ。



というわけで
これからも
身体をいたわりつつ仕事をせねばいかんのだなァーと感じた今日このごろでありました。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<トラウマといっしょに。 | ホーム | 女性☆こころのケア講座(に、辿り着くまでの悶々)>>

コメント

病院になんか行ったら確実に殺された。
警察も殺人にならなければ動かない。

復活してきた奴に今度こそ確実に
殺される恐怖と生きて子供を守る緊迫感と
全く機能も関与も役にも立たない公的機関。

被害者は二次被害を受けるまで関与しない。
警察も。
裁判所も。
保護施設も。
はっきりと言い切った。

事件後でないと対処しない。

相談なんか無駄。

殺すか殺されるかの世界。

IPアドレス調べれば誰だか分かるでしょ?

横浜のバタラーには気をつけて。

さよなら。
2011-11-19 Sat 14:35 | URL | SOS [ 編集 ]
SOSさんへ

いただいていたコメントの返信が
かなり遅くなってしまいました。
このコメントが一時、承認待ちになっていて
別のフォルダに入っていたようでした。

もしかすると
ここにはおいでにならないのかもしれませんが
いつか来られる時のために書きしるしておきますね。

SOSさんが体験されたことなのか
誰かの出来事に巻き込まれたのか
はっきりとお書きになっていないので解りませんが
もしも
周囲すべてが敵のような状況をくぐりぬけてこられたのだとしたら
あなたはとても賢明で力のある方なのですね。
よく生き残られてきたと尊敬します。

殺すか殺されるかのとき、
危機のときは
そのときの状況に応じて
たくさんの判断を素早くしなければ
どうやったら逃げおおせるか、隠れ通せるか
被害を最小限に抑えられるか
つねに気を張った中で色んなことを想定しなければなりませんから
たまに
どうやってこれをくぐりぬける事ができたのか
解らない時もあります。

でも
「事件後にならなければ対処しない」
とても残念で、思わず力が抜けてしまうような言葉ですね。
このような言葉を一度聞いてしまうと
「相談なんか無駄」だと言いきられる気持ち
もう二度と
公的機関には何も望むまいと絶つ気持ち
味方に裏切られた絶望を感じられたことだろうと思いました。

今は安全な場所をキープされていますか?
あなたに害を与える人から離れた場所にいることができていますか?
そうであればいいと願っています。
賢明なあなたですから
御自身を守られたであろうこと
またお会いできるよう願をかけておきましょう。

それでは、また。
2012-01-29 Sun 23:39 | URL | エリコ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。