こころTALKING

元共依存バタードウーマン・DVの最前線現場で妻業18年。現場のキツさにとうとう引退して数年。今はここでしぶとく生きて、忘れられないDVの事を書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

体のメッセージを受け取る

私は体メッセージを受け取る事が苦手です。

普通の人は
ある程度うごきすぎると
「もう疲れた~~~寝る~~~~」となるのでしょうが。
たぶん
とても自然に。


そんな私がようやく
つい最近のことですが

私は
休もうとする選択をすることさえも
手動入力で
ぶったおれるまで動いて緊急停止になるまで
動かないと
「それに気付けない」んだって分かりました。


でも
分かったおかげで

今日の私は
いつもより早く休みたがっていることに
きづくことができました。


というわけで


チェックリスト第二弾を書くつもりだったのですが(笑)
本日は看板をおろして
眠る選択をすることにしました。


あらためて

ほんの少しでも自覚するって大きい事なんだなーと感じます。



(だってさ。
疲れてボロボロの顔した相談員に
「どうしましたか~~~」なんざ言われたくねえよ?って思わん?
先にアンタその顔どうにかしろよーってドン引くよねえ?)



セルフケアをすることは私には必須です。

友人に卒業祝いでもらった桜の入浴剤であたたまりました。
今夜はゆっくり眠れそうです。
おやすみなさい。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<DVチェックリストから支配について考えてみる②心編その1 | ホーム | DVチェックリストから支配について考えてみる①身体編>>

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-04-16 Sat 06:07 | | [ 編集 ]
非公開コメントですが
何かを感じたくなくて「動き続ける」ことについてのコメント。
大事に読ませていただきました。

名前はあえて出しませんが
コメントを寄せてくれた彼女とはリア友で
この数年
お互いの困難をそれぞれの場所で越えようとチャレンジし
また、越えられない事についても話しあった仲であります^^んふふv-238

彼女には
リコメントを公開で書く事について了解を得ていますので
ここに書かせて頂きます。


Nさま。
この数年間、どれだけ私は走って来ただろうね。
だけど
走ってきていた間
貴女は一度だって「それは動きすぎだよ。」とか
「エリロさんは考えたくない事があるから動き続けてるんでしょう?」
なんて
分析して批評するようなことを
ひとことも貴女は言わなかった。


私はそれがとても嬉しくてしょうがない。
妙な言い方だけど
信じて待っていてもらってたんだなーと感じました。
ありがとう。

2011-04-16 Sat 19:45 | URL | エリコ [ 編集 ]
コメントしたくなって、この記事を探してました~
(相変らず、あなろぐ~~~)
貴女と正反対な私だから、「休みなさいよ!」
とは言わない、と言うか言えなかった。

私が「行動しなさいよ!」と
言われるのと同じだからね。

いろんな人が、勿論善意で、
励ましてくれるけど、
貴女とのメールのやり取りや、電話や、
会って話すこと
(ホントはこれがいちばんしたい!)で、
私の不安定な気持ちが、いつも
助けられていた気がする。

貴女との間にあったものは
「解決策」でもなく、「アドバイス」でもない。
悩んでいる人間が、いちばん求める「共感」
だと思うから。

改めてありがとう。
2012-02-05 Sun 17:16 | URL | ナレイ [ 編集 ]
ナレイさま~~~~おおきに!
カテゴリ作ってまとめた方がいいんだろうけど・・・・つい。
まとめずに書きっぱなしなもんだから探させましたね(笑)
おかげで
約1年前のこの記事を私も懐かしく読むことができました。
(自分で書いといて・・・なんかしばらくぶりに読むと新鮮で~)


> 貴女と正反対な私だから、「休みなさいよ!」
> とは言わない、と言うか言えなかった。
> 私が「行動しなさいよ!」と
> 言われるのと同じだからね。

この記事を書く少し前に
ようやく
動きすぎの自分や
あえて休まないことを選んで行動している意味に気付いたんだよね。
身体のメッセージを聞いていない自分のこととか。

否認の力ってすさまじいというか・・・
自分が休まないで動きすぎている認識がまるでなく
疲れている感覚もマヒしてて
動き続けていても支障がないんだよね~v-408
小さいころから「休む→怠け・サボり」という強烈なインプットを
されてきていたんだと、今ならそう感じる事ができる。
しっかし
私って否認の塊のような女だよなー。

今でも
否認してた塊がボトン!と取れたり溶けたり
出てきた物にビックリすることがあるのよ。


お互いに真逆の悩みだったけど
「わかっちゃいるけどできないのよー」というのは共通してたね。
生きづらくない、疲れない「ちょうどよいペース」をつかむのは
大変だよね。
ブレーキかけたり
パーキングで休むのは努力しても難しくってね、ワタシ(笑)

だから
「努力しなさい」と激励されずに
見守ってもらえてたことが嬉しかった。

2012-02-05 Sun 21:28 | URL | エリコ [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。